IMG_3684_edited_edited
IMG_3690

Playback theater

            Momo

For you.

​プレイバック・シアターって何?

プレイバック・シアターは、観客や参加者が自分の体験を語り、それをその場ですぐに即興劇として演じる(プレイバックする)独創的な即興演劇。芸術的な側面を持つ一方で、その場で演じるもの(アクター)、語るもの(テラー)、観るもの(観客)が、共感や知恵、勇気や癒しをもたらされることになる。そのため、劇場の舞台はもちろん、ワークショップや教育の場、臨床や治療現場など広く活用されている。プレイバックシアターは、台本なしの即興劇です。
1975年ジョナサン・フォックスとジョー・サラ、その仲間である劇団オリジナルプレイバックシアターカンパニーによって創られた。彼らは、「人はだれでも語りたい、感じている、考えている」という信念のもと、意識的に様々な観客の前で、「その方の体験した話(ストーリー)を募り、それを即興で演じた。観客とは、子どもや高齢者、あらゆる年齢層の町の人々、囚人、精神障害者であった。その活動を通じ、プレイバックシアターとしての基礎の形や様々な手法を作り上げていった。
                                                 (ウィキペディアより)